2018/10/31 22:04

1980年代の日本のスケートボードカルチャーをテーマにした特集や資料などを見ると、そこに使われた写真のフォトクレジットには、Yoshiro Higaiの名前をよく目にすることがある。今回、半生に迫るのは、いつも一眼レフとスケートデッキを持ち歩き、80年代の東京スケートシーンを撮影し続けた写真家の樋貝吉郎。
樋貝吉郎
樋貝吉郎
まずは、樋貝さんとスケートボードの出会いから教えて下さい。
樋貝 小学校の6年生の時です。親父と一緒に映画『ボーイズ・ボーイズ 』を観に行ったのがきっかけです。
スケートボードを題材にした映画なんですか?
樋貝 劇中に登場するアメリカの小学生たちの日常にスケートボードがところどころ出てくる青春モノです。主人公たちの年齢が自分と近かったこともあり、凄く響きました。
パンフレットを確認すると、昭和53年公開と書いてありますね。この映画は当時流行ってたんですか?
樋貝 そう思います。ロードショーでやるくらいですから。なぜか急に堅いお役人の親父が「映画でも観るか!」って連れて行ってくれて。ふたりで映画を観たのはコレが最初で最後ですね。初めて見るスケートボードがとにかく魅力的で、すぐにデパートで国産のKKMというブランドの板を買ってもらいました。そこから、『スケートボードは僕をロケットにしてくれる』というhow to本を眺めては近所で滑ってました。
映画『ボーイズ・ボーイズ ケニーと仲間たち』とhow to本『スケートボードは僕をロケットにしてくれる』
映画『ボーイズ・ボーイズ ケニーと仲間たち』とhow to本『スケートボードは僕をロケットにしてくれる』
樋貝さんの地元ってどちらなんですか?
樋貝 親父が公務員だったから全国を転々としてたんですけど、小学4年からは世田谷です。映画から同じように影響を受けた同級生たちも、、、、

この続きは、ぜひRed bullのホームページで!!

https://www.redbull.com/jp-ja/yoshiro-higai-life01