電子版 | ダウンロード

  • ¥ 250
  • *ダウンロード後、すぐにお読みいただけます。 こちらのインタビュー記事は魚眼人(gyoganzine)創刊号から抜粋しました。本誌よりも写真点数を数点増やし、樋貝のコラムも新たに1ページ加わりました。すでに本誌をご購入の方は画像の美しさを味わってみては? 
スノーボード界でひときわ存在感を放つ玉井太朗はいかにして誕生したのか? 現在のスノーサーフィンムーブメントの中心人物、T T。 (スノー)サーファーとして筋を通し、 妥協のないプロダクトを作り続けているゲンテン・スティックが、世界中から注目されるようになったのは当然であった。行動力、俯瞰的なビジョン。玉井太朗の揺るぎないモチベーション。幼少期から自身の方向性を導いた、いくつかの出来事など。樋貝吉郎の未公開ショットとあわせてゆったりとしたレイアウトとなっております。ZINE魚眼人の本誌では、写真とあわせて13ページの構成だったところに、電子版企画として、樋貝吉郎から見た彼のアラスカライディングについて、ショートコラムを書き下ろしました(写真も1点追加)。電子版ならではの画像の鮮やかな発色がお楽しみいただけます。 インタビュー後、音楽の話になりました。昔から生活の一部として音を楽しんでいた玉井さん、最近はレコードなんだそうです。そして何より驚いたのは、今でもカセットテープ愛好家であるということ。誰もがCDで音楽を聴いていた時代ですら「あのザラザラ感がいいんだよね」とおっしゃっていました。普段はiPodにさまざまなジャンルの音を入れ、そのときどきを楽しんでいるようです。カセットテープという響きに吹き出すひともいるなか、玉井さんはそうじゃない。偏見なく、その先の揺るぎない柔らかさを持っている。その柔軟性は幼少期から続いている釣りはもとよりスノーボード作りにも通じているのでしょう。 ▼樋貝吉郎コラムより少しだけ抜粋してみました …………………………………4ヶ月後、アラスカ、バルディーズに来ていた。ビデオで観たままの光景。ヘリのパイロットもベトナム帰りのチェット・シモンズだ。トレードマークのミラーサングラスと腰につけたピストルは本物である。玉井太朗はリアルなフィールドに立つと生き生きとする。いくつもストックしてある滑りたいポイントのひとつをチェットに伝える。チェットは低い声でヘリの代金であるカジノのプラスチック製のチップの色を答える。ヘリは大きく機体を傾けながら旋回する。玉井太朗はしっかりと…………… 電子版 (デジタルコンテンツ)| TARO TAMAI | interview(日本語) ○ページ数 本誌の13ページにプラス  *コラムを1ページ(電子版のみ追加)追加 ○写真点数 本誌7点。プラス3点(電子版のみ追加)合計10点 ○ファイルサイズ 約2.5MG ○形式 PDF 日本語  *PDF形式にしたのは画面いっぱいに拡大できるので、美しい画像発色が楽しめます。 紙媒体とはひと味もふた味も違うフォトアートをご期待いただけます。 ○発行日 2014年 8月 5日 ○制作 スタジオフィッシュアイ ○発行 スタジオフィッシュアイ ご購入後、PDFファイルをダウンロードして ご使用の機器のブラウザでご覧になれます。 *お支払方法 ダウンロードコンテンツの購入は、クレジットカード決済のみとなります。 *無断複写・転載を一切禁じます。ぜひともご理解ください。 ©studio fish i