CAT | 猫

  • ¥ 43,200
  • オリジナルプリント 太陽に最も近い猫 作品名 Alaskan cat この写真について 猫好きにはたまらない樋貝吉郎キャットシリーズ代表作品。アラスカ。冬の朝。 唯一日が差している高い木の枝に、よく見ると猫が器用にからだを巻き付いていて、 その姿が何とも愛らしい。 1997年スタンダードフィルムクルーたちとアラスカ・バルディーズで撮影をしていたときのこと。朝、セイナロッジのログハウスから外にある洗面所に行ったときだ。ふと目を上げると樹に猫が突き刺さっているではないか!? さすがアラスカ。日本で百舌(もず)などが枝に蛙を突き刺すあれか! と驚きと恐怖で固まっていると、なんとその猫は、僕と目が合うとニャーンと鳴くではないか。腰を抜かしそうになった。生きていたのだ。猫は高い木に自力で登り、朝一番に陽が射すところで日光浴をしていただけだった。驚きを取り戻し撮影しはじめると、無類の猫好きライダー、“ジェイミー・リン”がやって来た。 『ジェイミー 見てみなよ』と指差すと、彼は無言で自分の部屋に走って行った。すぐさまカメラを掴んで戻ってきてシャッターを1枚切ると、彼は『シシカバブー・キャット』とつぶやきニコリとした。 太陽光。アラスカでは猫にも人間にも貴重なエネルギー。自然と調和して、それをうまく取り入れられるものが、つまりほんとうのところの賢者。猫を見習いたいものだ。 額縁:ホワイト(光沢) プリント:*ラムダプリント 額縁サイズ 332mm×272mm×31mm 画像サイズ 180mm×120mm  (四ッ切大ペーパーにプリント) *ラムダプリントとはデジタルデータから銀塩感光材料に直接レーザー露光するデジタルレザープリントです。優れた再現性と高画質な仕上がりを実現します。 送料無料 ※こちらの商品はお届けまで2週間ほどかかる場合があります。あらかじめご了承ください。